ただいまサイトリニューアル中!なんか変なところあったらLINE@やお問合せから教えてくださいませ

薬用

5月27日の誕生花と花言葉♪「マトリカリア」

5月27日の誕生花と花言葉は マトリカリア 花言葉は「鎮静」「集う喜び」   この花言葉は、マトリカリアの薬効の一部とされる鎮痛、消炎作用からきている言われています。   マトリカリアの雑学 マトリカリアは、ジャーマンカモミールの学名(Matricaria chamomilla)にも入っていますが、シカギク属(Matricaria / 別名:マトリカリア属)に属していたことが由来で、園芸上の流通名 […]

5月26日の誕生花と花言葉♪「オリーブ」

5月26日の誕生花と花言葉は オリーブ 花言葉は「平和」「知恵」   オリーブの雑学 オリーブの樹は「太陽の樹」ともよばれています。 古代エジプトでは 女神イシスがオリーブの栽培と利用を教えたとされ、ラムセス3世は太陽神ラーに神殿の灯油のためのオリーブ畑を捧げたとされています。 オリーブオイルは古代地中海貿易の主要商品の一つでもあり 豊穣・富の象徴とされています。   日本でオリーブといえば小豆島 […]

5月25日の誕生花と花言葉♪「ヒソップ」

5月25日の誕生花と花言葉は ヒソップ 花言葉は「綺麗好き」     5月25日の誕生花 ヒソップの概要 別名 ヤナギハッカ ヨーロッパ南部~アジア西部 地中海沿岸に多く分布するハーブで 毎年花を咲かせる多年草です。 葉が細長くて艶があり ミントのような清涼感があるので ヤナギハッカという和名があります。   ヒソップの名前はヘブライ語に由来し ユダヤ教では聖なるハーブとして古代から利用 […]

7月8日の誕生花と花言葉♪グアバ

7月8日の誕生花と花言葉は グァバ 花言葉は「強健」 各種ビタミン豊富な実は「熱帯のリンゴ」とも呼ばれ ジューシーなトロピカルフルーツとして有名です。 葉に含まれる成分プロアントシアニジンは高血圧や糖尿病などに効果があるとされ グアバ茶としても利用されます

6月22日の誕生花と花言葉♪「月見草」

6月22日の誕生花と花言葉は 月見草 花言葉は「密やかな恋」 アカバナ科マツヨイ属の多年草 夕方頃の咲き始めは白色ですが 明け方しぼむ頃には薄いピンク色になります。 月見草オイルというものがあります。 種を低温圧搾して抽出したもの。 あかぎれ、乾燥肌にも良く、 女性ホルモンのバランスを間接的に調整する働きがあるそうです。

5月17日の誕生花と花言葉♪「シラン」

5月17日の誕生花と花言葉は シラン 花言葉は「美しい姿」 字を当てると要するに「紫蘭」 紫色の花を咲かせる蘭と言うことです。 栽培品は花壇や庭先などでごく普通に見られますが 純然たる野生種は準絶滅危惧種に指定されています。 球茎は 「白及根(はくきゅうこん)」 といい 止血、あかぎれ、ひびに薬効があります。 白花の品種もあります。

5月16日の誕生花と花言葉♪「芍薬」

5月16日の誕生花と花言葉は 芍薬(シャクヤク) 花言葉は「恥じらい」 漢名の「芍薬」を音読みして「シャクヤク」と呼ぶようになりました。 「芍」は味が良いという意味があります。 根を乾燥させたものは 「赤芍(せきしゃく)」、「白芍(びゃくしゃく)」として 鎮静、鎮痛剤として使われています。 別名 枸杞(ぬみぐすり) 花の宰相(はなのさいしょう) 大きなお花なので一輪でも存在感がすごいですよ~

5月14日の誕生花と花言葉♪「鋸草」

5月14日の誕生花と花言葉は 鋸草(ノコギリソウ) 花言葉は「たたかい」 「ノコギリソウ」は葉の形をノコギリの葉に見立てて名付けられたものとされています。 セイヨウノコギリソウはハーブ名でヤロウと呼ばれ 花や葉が発汗・解熱作用があるとされハーブティーとして利用されています。 別名アキレア 消毒や止血にも効果があり 「アキレア」はトロイ戦争でのギリシャの英雄アキレスが傷ついた踵にセイヨウノコギリソウ […]

5月5日の誕生花と花言葉♪「しょうぶ」

5月5日の誕生花と花言葉は 菖蒲 花言葉は「優しい心」 端午の節句には菖蒲を使った風習がありますね 「軒菖蒲(のきしょうぶ)」 屋根の端に菖蒲やよもぎの葉を吊るす風習のこと。 4日の夜につるして5日の朝にとります。 「菖蒲湯(しょうぶゆ)」 菖蒲湯をお風呂に入れて薬効と香りによって邪気を払う。 「菖蒲酒(しょうぶしゅ)」 菖蒲の根を刻んで日本酒に30分浸したもの。 勝負には強い解毒作用があり、胃を […]

4月23日の誕生花と花言葉♪「桔梗」

4月23日の誕生花と花言葉は 桔梗 花言葉は「優しい愛情」「誠実」 漢方では太い根を干して、せきやのどの薬にしています   また、この薬用成分の サポニンというものは 昆虫にとっては有毒なため 昆虫からの食害から自らを守っています(キキョウサポニン)   昔から武士に好まれたようで 家紋に取り入れられたり 江戸城には「ききょうの間」や「桔梗門」の名前があります