ただいまサイトリニューアル中!なんか変なところあったらLINE@やお問合せから教えてくださいませ

ハオルチアの種まき 観察日記と余計な雑学

ハオルチアの種まき 観察日記と余計な雑学

ハオルチアの種まきをしてやり方の紹介した記事を書いたので、種をまいた後の様子も紹介していこうと思います。

わりとリアルタイムなので、随時更新していく、、、はずです。

ハオルチアの種まきのやり方はこちらの記事を参考にしてくださいね^^

ハオルチアの種まきの方法 実生は超楽しい!種子殺菌って必要? おすすめの鉢などコツを紹介!

もじゃさんのハオルチア実生観察日記

今年は交配をコソコソと行っておりましたので、種子が少し取れました。交配2代目が取れたのでテンションダダ上がりです。

ということで、あまり手をかけたくないもじゃさんは腰水で発芽させました。

環境は以下の通りです。
 

2号素焼き鉢にミズゴケを8分目くらいまでしっかり詰めます。ダイソーなどの百均で買ったタッパーに水を2cmくらい入れHB-101を一滴。液肥は入れません。最初は種の養分で発芽してもらいます。
 

先ほども書きましたら、低温処理も吸水処理もしていたいがっつり乾いた種子をぺたぺたと播きます。置くだけです。

嫌光性種子ですが部屋が暗いので特に気にしません。

発芽温度は10~30度、20度前後が具合が良いようです。今の時期ならまだいけますね。
 

てなわけで6月4日に播種しました。

6月4日:1日目

当然変化なし

ハオルチア 種まき 1日目

6月8日:5日目

早ぇよ、阿寒湖×宝草錦が発芽しました、正確には発根。

ハオルチア 種まき 発芽したて

ツイッターではアマビエっぽいとのお声をいただき銚子をこいたもじゃさんはハオビエなる謎の生き物を創り出しました。

↓ハオビエ様

ハオルチア 種まき アマビエ?

6月9日:6日目

幼葉が出る。

ハオルチア 種まき 幼葉 ポケモンっぽい

一気にポケモンさが出てくる。またまた調子をこいてこんなものを作る

ハオルチア 実生 ハオルチア 実生 幼葉


6月11日:8日目

実生2代目も発根する。

ハオルチア 種まき 実生その二

もじゃさんのオリジナル品種作出にまた一歩近づいたのでテンション上がる。

6月11日:8日目

でこんな感じ
ハオルチア 種まき 育て方 現状

葉っぱがにょーんと伸びすぎなのか?そろそろもう一段階光量を上げようかな。

6月18日:15日目

実生二代目の方にもしっかり幼葉が生えてきた

ハオルチア 実生 観察日記 6月18日

まだデスクでニヤニヤしたかったので、置きっぱなし。
 

6月21日:18日目

あー

倒れてる(´・ω・`)

ハオルチア 実生 観察日記 6月21日

そうですね、徒長させすぎてひょろひょろだったので侍従に耐え切れず根元から折れました。デスクでニヤニヤしたかった想いが強すぎたことが招いた悲劇です。

腰水をやめて日当たりの良いところに移しました。(6月21日の時点)

ハオルチア 実生 観察日記 置き場所

玄関の目隠しを張ったガラス戸越し。そういえばこれは紫外線と赤外線をカットするやつだった(;´Д`)

移動させねば!(気が付いたのが6月28日w)
 

6月28日:25日目

色々カットしているガラス戸越しで1週間。

とは言え、光量も上がって自然光なので少ししっかりしてきたでしょうか。
 

頑張れお前ら!

ハオルチア 実生 観察日記 6月29日 ハオルチア 実生 観察日記 6月29日


 

この先は随時更新していきますε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

卵パック育苗について

卵パック 育苗用に再利用

卵パックの再利用方法の一環として、ミニ温室のようにして「寒い時期でも」種まきができますよ、という育成方法をハオルチアの種子で試したことがあります。

インターネット上でも管理が簡単で良いですよ、とおすすめされていることも多いですが、んなこたねぇです。
 

もじゃさんしっかり失敗してます。
 

たしかに、小さく区切られているので複数種子をまくには良いですし、空気穴をあけてドーム状で良い感じに温室効果が得られるので保温効果もありました。

霧吹きで水やりと湿度管理も容易です☆とのことなんですが、結構気を使うしうっかりしているとざばっとジョウロとかで水やると種子がどっかに流れて行っちゃいます。
 

寒い時期の晴れた日中は温度上がってよいですが、夜間の保温効果を過信すると低温障害・凍害起こしますし、空気がこもりやすいのでカビにも気を付けなければいけません。

水差しやグラスで水やりをしたら土が動いて種子が流されていっちゃったり、そこそこ温度のある時期だったので高温になりすぎてダメになったりもしています(´・ω・`)
 

多肉植物の育て方のスタイルでは、特性を踏まえていれば省スペースでプチ温室を作れるので有用な手段だと思いますので気になる方は試してみてくださいね。

ハオルチア種まきから実生誕生の観察日記 まとめ

ハオルチア 種まき 播種後6か月

実生の難しいところは発芽から本葉が出始めるまでの、よわっちょろい期間をどう過ごすか、にかかっていると思います。

ハオルチアは高温多湿に弱いので夏休眠状態になりますので、よわっちょろい期間が夏に被らないようにした方が、俄然やりやすいです。
 

発芽最低温度が10度あればよいので春先に初めて初夏までにある程度育てておくと良い流れに乗れるはずです。

もじゃさんみたいに梅雨の走りに始めるとよわっちょろい期間をかなりこまめに手入れしてあげないとダメにしてしまう確率が高くなります。
 

原産地の気候の流れと日本の気候の流れをよく見て播種計画を立てる、ということも大事ですよ(`・ω・´)
 

もじゃさんのハオルチアの種まきから実生を育てるとこまでの観察日記が役に立てば幸いです。
 

何か分からないことや聞きたいことがありましたらLINE@に登録してこっそり聞いてみてくださいね^^

多肉植物のウンチクカテゴリの最新記事